アメリカの感謝祭の後に行われる「ブラックフライデー」が日本でも広がり始める。

アメリカの感謝祭の後に行われる「ブラックフライデー」が日本でも広がり始めました。

ユニクロは大型セールをブラックフライデーの期間まで延長。イオンも今年初めてブラックフライデーを開催。日本トイザらスは全国163店舗及びオンラインストアで2014年からに初めて開催して以降、毎年開催しており、3回目となる今年は、対象商品を過去最大の150点以上に拡大し、特別価格で提供しています。

GAPは先着100人にセーターを100円で販売。元の価格が1万3000円近いものもあるなど大幅に値引きしました。

米国のブラックフライデーは、11月第4木曜日の祝日「感謝祭」翌日の金曜日を指し、今年は25日に当たります。大幅に値引きする小売店のセールに客が押し寄せて黒字になることから“ブラック”フライデーと呼ばれています。

各社ともクリスマス商戦に向けた消費の喚起のためにアメリカのようなイベントとして定着させたい考えです。

ゆくゆくはこのブラックフライデー、ボーダーレスが進み、日本の販売店にとっては日本国内に留まらず、アメリカ及びその他の国向けに販売する大型セールの日になっていくと思われます。 越境ECの準備は欠かせないですね。

CROSS/BORDERS

CROSS/BORDERS は、急成長している小規模企業からグローバル企業まで使いやすく、強力で、完璧な越境 EC プラットフォームを提供します。

No Comments Yet

Comments are closed